Forex BraveMan(フォレックス ブレイヴマン)

Forex BraveMan(フォレックス ブレイヴマン)
 

販売元:トレーディングオフィス 富崎省吾
 

「Forex BraveMan(フォレックス ブレイヴマン)」は、口座縛り無しのFX自動売買システム(EA)です。

本EAは「東京市場仲値」および「ゴト―日」を基準としたデイトレードシステムになっており、対象通貨は東京市場において需給の影響を受けやすいクロス円通貨EUR/JPY(ユーロ円)となります。

 

 計測期間 : 2010年1月~2020年10月   対象通貨ペア : EUR/JPY

 取引回数 : 1560   勝率 : 57.76%   ロット設定 : 0.5Lot(5万通貨)固定

 損益(円) : +3,920,510円

 

狭いSL(ストップロス)を実現

デイトレードという時間軸のEAでありながら、本EAの損失トレードの平均はわずか「20pips」です。また、固定のSL(ストップロス)も初期値を「40pips」としており、他のEAにはない、狭いSLを実現しています。

このことより、本EAのエントリー精度の高さをお分かりいただけるかと思います。

 

資金効率の良い低ドローダウンシステム

本EAの過去10年間における最大ドローダウンは「0.1Lot(1万通貨)」の運用につき、わずか「36,000円」です。

仮に初期資金を100万円とした場合、最大ドローダウンが初期資金の4%にも満たない低ドローダウンシステムとなります。

先述の狭いSLに加え、低ドローダウンシステムであることから、比較的大きなロットでの運用も可能となり、資金効率のよいEAとなります。

 

驚異のリカバリーファクター

リカバリーファクターとは、リスクに対してどの程度のリターンが期待できるかを示す指標で、リスクリターン率とも呼ばれます。

リカバリーファクター = 純益 ÷ 最大ドローダウン

の計算式で算出します。

単純にこの数値が高ければ高いほど、ドローダウンからのリカバリー期間が短くなります。

一般的にこの数値が「10」を越えていれば優秀なEAと言われますが、本EAのリカバリーファクターは驚異の「21」となり、いかに優秀なEAかが伺えるかと思います。

 

テクニカル分析を一切行わない別次元のシステム

本EAはテクニカル分析を一切行いません。

「東京市場仲値」および「ゴト―日」を基準としたポイントに対して、どのタイミングでポジションを保有し、どのタイミングでポジションを閉じるのが効率的であるかのみを追求しています。

テクニカル分析を一切行わないことから、システム自体がカーブフィッティングに陥る可能性が限りなく低いため、長期運用を可能にしたモデルとなります。

 

 

 

 『Forex BraveMan(フォレックス ブレイヴマン)』をもっと詳しく!

 

当ブログからご購入いただいた方には、こちらの豪華特典をすべて差し上げます♪

※特典受け取りの流れはコチラからご確認ください。

 

 

コメントを残す